忍者ブログ
内容が変&グダグダなことになるかもしれませんが、お付き合いいただければなぁと思います。                                                     見かけたらお気軽に声をかけてくださいな。普段はディメ3に生息しております。                                           現在SNSで主に活動していますので、興味の或る方はそちらもご覧下さい。
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本格的に夏が近付いてきたようです。
暑くて暑くてたまりません・・・・。

そんな事より、昨日のことから明日のうpまで今日は書きまくろうと思います。
まだ、完全復帰はしていないのですが、美味しいネタが入ったとなれば
書かないわけにはいきませんからー。

んでは”クリッククリック!”をクリッククリック!

・・・つづきはこちらを変えてみました。
多分今日だけ、明日になったらまた戻すか変えるかする気がします。


まずは昨日の話から。

フレがリンジャニにソロで行ったと聞き、ちょっと興味をそそられまして私も行ってみることに。
リンジャニにソロで入ったのは初めて。

まず1F、青石がないっ。
どうやら敵を倒さないといけない模様。
豚さんたちを倒しまくるのですが、20分経っても一つも出ない・・・。
台座に戻ってみると、石が復活しておりました。

あと一つとなった青石。
また豚を狩っていると2つ同時にぽーんと。
・・・・・(´・ω・)

ココでくじけそうになりましたが、流石に1Fでは終わりに出来ないと思い
2FへGO!
ツアーの時は前の人にただついていっているだけなので(
道が分からない・・・。

とりあえず一つ目の赤扉は開いたので、行って見ることに。
・・・分からない!
迷子になりました(´・ω・)
ココで完全に心が折れて、Escape!

2Fで終わりましたとさ。



その帰り道、不死鳥さんとご対面。
不死鳥が居ると攻撃したくなるのが人というものです。

攻撃しているともう一人来まして、二人で撃破。
もちろん何もでませんでしたよ?

その方に誘われてRD回しをすることに。
紫使用で、他に2名勧誘してRD1時間半耐久レースの開始。

一時間半回すのは初めてだったのですが、話しながら回したので
そこまで苦にはなりませんでした。

通信網よりも一回300exp多いのでがっぽがっぽですヽ(*´∀`)ノ

書くのが面倒になってきたので、結果を(

亀   24→25
マッハ 24→25
S機のアイツ 28→29
健太ノッポ  22→23
爆砕ノッポ  23→24

亀のレベルが着々と上がってきております。
30レベまであと60万。

どうも私は大型機のレベルを上げるのが苦手らしいです。
ノッポのレベルが・・・・。

レベルキャップ開放までに30レベになれ、亀よっ。


さぁさぁ、明日のうpではデゴに新エリア誕生らしいですね。
・・・それにしても公式の予告が遅いですねぇ。
いつもなら公式よりも早い4亀にも載ってませんし。

ガチャピンの総入れ替えするとか。
kラピー欲しかった・・ロングブレードも欲しかった・・・。
ですがガチャにつぎ込むと後で後悔するので(苦笑

もしもなかなかいいものだったら2kくらいつぎ込みますかね。

んではノシ
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ユズ
性別:
非公開
職業:
秘密です・・・ミ
趣味:
皆でワイワイ楽しくやること?
自己紹介:
ギルド"TTD"こと、鳥鳥団に所属しております。
C21歴は7月31日をもって3年目に突入しました。

色々と拙い面もありますが、宜しくしていただけたら嬉しい限りです。    ヾ(*´ω`)ノ゛
フリーエリア
最新コメント
[08/28 風引き]
[06/29 肉蝮]
[05/03 パリエット]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.